Top > 子育て > 乳児の便秘が病気からくることも

乳児の便秘が病気からくることも

乳児はまだ自分の状態を言葉で伝えることができませんので、便秘をすると親は心配になります。

ただし、便秘の判断は2~3日出ていないからといって問題視する必要は無く、大事なのは機嫌が悪くないかやぐったりとしていないかです。

低月齢の乳児の場合、機嫌が悪いことに加えて体重が増えない等の症状が表れたら母乳が不足している可能性があります。

通常は、生活リズムを整えて自律神経のバランスを改善したり、お腹を”の”の字にマッサージしたり、綿棒等で肛門を軽く刺激するケアで改善することができます。

頑固な便秘の時には、乳児にも使えるお薬を飲ませて様子を見るという手段もあります。

ほとんどは心配のない便秘ではありますが、稀に病気が隠れていることもあります。赤ちゃんの様子を観察してみて普段とは違うと感じたら、すぐに受診する必要があります。

病気の可能性がある場合には、まず機嫌が悪くなります。

嘔吐の症状が見られたり、10~15分おきに激しく泣く場合は、腸重積症が疑われます。これは、腸の中に腸の一部がもぐりこんで詰まってしまう病気です。腹膜炎を起こす前に、早期の治療が必要です。

腸重積症では、血便が見られることもあります。

その他にも、お腹の張りが強くて便秘が1週間以上続く場合には、ヒルシュスプルング病が疑われます。ヒルシュスプルング病では、腸の一部に神経細胞がないため便を送り出せません。発症数は5000人に1人ぐらいの割合です。

嘔吐することもあります。便秘と嘔吐の両方の症状が見られた場合、まず疑われるのは病気です。

 

緊急を要するものとしては、腸重積症があります。

 

これは激しい腹痛を伴うことが多いので、子どもがとても苦しそうにお腹を抱えていたり、顔色が悪かったりしているなら急いで病院にいきましょう。

 

言葉の話せない乳児も、腹痛のときは足を縮めたようにして激しく泣きます。よく様子を観察してください。

 

腸重積ほど緊急でない場合は、ウイルスによる胃腸炎になっているかもしれません。この場合は、高熱が出るのが特徴です。

 

病気ではないのに嘔吐をする場合は、便秘が原因になっているものとそうでないものがあります。

 

乳児については、胃の位置がまっすぐで入り口が開いているのが特徴で、そのために母乳やミルクを吐きやすいところがあります。

 

このような嘔吐は生理的なもので、便秘とは関係なく心配も必要ないものかもしれません。

 

もし便秘が原因となって嘔吐をしていることが考えられるなら、かなり便秘が深刻なものになっていることが考えられます。

 

便がたまっているために消化吸収も悪くなっており、食欲もなくなっていることでしょう。

 

このような時は、浣腸によって早急にたまったものを出してあげることが必要です。

 

市販の赤ちゃん用の浣腸もありますが、嘔吐も見られるなら念のために病院で診察を受けたほうが安心です。乳児 湿疹 ケア

子育て

関連エントリー
乳児の便秘が病気からくることも
カテゴリー
更新履歴
明日は5年点検(2017年6月26日)
装飾品の本当の価値を分かるところに売ろう!(2017年5月31日)
カード現金化の真実とは(2016年12月30日)
乳児の便秘が病気からくることも(2016年12月28日)
興行ビザの台湾人の友人の工夫がすごかった(2016年9月14日)